一般社団法人 高梁川プレゼンターレ | About
この法人は,高梁川と瀬戸内海,そして中国山地とに囲まれた,高梁川流域(備中地域7市3町)に生きる私たちが連携して生み出す,ここにしかない特徴を活かした自律的で持続的な地域社会の創生を目指して,地域活性化と雇用創出のための新しいビジネスとプロジェクト(人,モノ,資源,情報)を,まるでショーケースに並ぶキラキラした価値ある宝物のように,その魅力を広く皆様にお伝えするとともに,そのプロジェクトの価値と魅力と信頼を高めるための支援の活動を行うことを目的とする。
高梁川プレゼンターレ,プレゼンターレ,一般社団法人 高梁川プレゼンターレ,高梁川流域,備中地域7市3町,坂ノ上博史,中村泰典,石原達也
15742
page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-15742,ajax_fade,page_not_loaded,,qode_grid_1300,hide_top_bar_on_mobile_header,qode-theme-ver-16.7,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.5.2,vc_responsive

About

 

代表理事挨拶

 

Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.
Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.
Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.
Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.

Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.

Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text Text.

概 要

 

名 称 一般社団法人高梁川プレゼンターレ
所在地 岡山県倉敷市中央二丁目13-3
住吉町の家分福
設立日 平成26年10月11日
定 款

主たる事業

 

・コワーキングスペース&サテライトオフィスの企画運営
・各種団体の運営支援(事務局業務受託等)
・セミナー、フォーラム等の企画運営(オンライン対応を含む)
・講師、ファシリテーター派遣

役員一覧

 

代表理事 坂ノ上博史
役 員 中村泰典、石原達也

従業員数

 

9名

加盟・関連団体

 

一般社団法人高梁川流域学校
MASC(岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスタの実現に向けた研究会)
一般社団法人日創楽育舎
一般社団法人はれとこ

沿 革

2020年(第7期)

・坂ノ上が一般社団法人高梁川流域学校 代表理事に就任、事務局運営を受託。

2019年(第6期)

・令和元年 情報通信月間 表彰(総務省 中国総合通信局)を受賞。
・一般社団法人はれとこの立ち上げに参画、坂ノ上が幹事に就任。

2018年(第5期)

・テレワーク&コワーキングスペース『住吉町の家 分福』を開設、運営を開始(継続中)。

2017年(第4期)

・「ふるさとテレワーク推進事業(総務省/2017年)」にて、倉敷市・倉敷芸術科学大学・日本テレワーク協会とのコンソーシアム代表団体として、補助事業の企画・運営を担当。
・岡山県倉敷市水島地域への航空宇宙産業クラスタの実現に向けた研究会(MASC)の立上げに参画、参画が事務局長に就任、事務局運営を受託(継続中)。

2016年(第3期)

・「テレワークで紡ぐデータキャピタル事業(倉敷市)」等の企画・運営を担当。

2015年(第2期)

・「お茶と町並みで点てる玉島の魅力創出事業(倉敷市)」等を受託。

2014年(第1期)

・一般社団法人高梁川プレゼンターレ 設立。
・「高梁川流域ソーシャルビジネス推進事業(倉敷市/2014~2016年)」を受託。